<< 前へ | ホーム

黄金周は香港で ~Day4~

もっと飲茶食べたかった

最終日、午前中は友人の案内でお土産を買いに行きますが、なんか評判のクッキー屋があるとのことで
上環から歩いてお店に向かいます。

クッキーだけだと香港感が薄いので、地元の人々に馴染みの物を買おうとローカルスーパーマーケットの
WELCOMEに立ち寄り、香港製の出前一丁などを買い込みます。

ここでお世話になった友人と別れ、空港へ向かう道すがらエアポートエクスプレスの香港駅の添好運にて
待ちに待った飲茶にありつきます。

いつもなら飲茶は何を食べようかワクワクしながら注文しますが、偏食の気のあるおにいちゃんがいると
何が食べれそうかでメニューを選ぶことになり微妙な感じ。

まぁ子供達もお肉系と甘いものはご機嫌で食べて満足したようなので、心置きなく香港を離れます。

ただ遠慮しながら注文した飲茶は少し量が足りなかった様で、帰りのHKexpressの機内では家族揃って
余った香港ドルで香港カップヌードルを食べて締めくくり。

いやぁ~、何を食べても美味しい3泊4日の旅でしたが、こりゃ子供達には旅行の前に学校給食で鍛えて
何でも食べれるようになってもらわんとイカンですな。

黄金周は香港で ~Day3~

気分はジャッキー・チェン

本日の朝食はパイナップルパンを食べようと、ワンチャイ駅近くの金鳳茶餐廳に参上です。

パイナップルパンと言っても、日本のメロンパンと一緒でパイナップルが中に入ってる訳では無いですが
甘いサクサクの皮が美味しく、息子くん達も大満足。

お腹を満たした次は絶景だと香港一の眺望を誇るビクトリアピークへ行こうと行き方を調べたら、なんと
有名なピークトラムは工事中で乗れない事が判明。

予定では下りで乗るはずだった、運転が乱暴で面白いらしい二階建てバスを行き帰り共に利用し頂上へ。

若干モヤがかかってますがビクトリアハーバーが見渡せ、昨日は陸から夜景をみましたが本家百万ドルの
夜景はここからなんでしょうな。

午後は街歩きと言うことで、金魚街からモンコックまでお散歩です。

息子くん達は袋に入った金魚に「買って帰る!」と大喜びですが、ここは海外に来たからこそ経験できる
検疫のお勉強の機会だと何故持って帰れないか説明するも、5歳のおとうとくんは?顔。

本日のディナーは香港人の友人と会食で、こちらからは広東料理がエエなぁっとリクエストしてましたが
ご招待いただいたのは香港セレブご用達の「西苑」なるレストラン。

これは旨い・・・

魚(アカハタかな?)の清蒸、ナマコの炒め物、鶏肉in土鍋など色んな料理が出てきましたが、その中でも
絶品だったのがジャッキー・チェンが大好物だという西苑名物のチャーシュー!

ご満悦で舌鼓を打っておりましたが、連日遅くまで起きてるおとうとくんは目当ての海老を食べ終わると
席で爆睡してしまい、ちょっと高級中華は8歳と5歳にはもったいなかったかも。

食べ切らなかった分はお持ち帰りにし、後はコーズウェイベイ界隈を案内してもらって3日目終了です。

黄金周は香港で ~Day2~

ルーフトップバス乗り損ね

我が家は旅行に行くと勝手にとーちゃん一人で周遊プランを立てちゃうので、これでは妻子の自主性が
育たないと言うことで、今回はかーちゃんが案内係になり引率開始。

まずは香港的朝食を食べるそうで、華星氷室というカフェでマカロニスープ/トーストやらを頂きです。

とーちゃんが独断で「香港っぽいから、飲み物は小豆ミルクじゃい」っと注文しましたが、息子くん達は
一口飲んだらもうイランとの事で、海外に来ても舌が保守的で困りますな。

本日のメインイベントは日帰りでマカオだそうで、2階建てトラムでフェリー乗り場へ。

これには兄弟揃って大喜びで、2階からの景色/2階最前列の席と前の車両との近さなど日本で味わえない
乗り物体験に大興奮。

マカオまでは、出入国の手続きとかがありますが高速フェリーで1時間で到着。

特に興味はありませんでしたが、見逃す訳にも行かないので世界遺産の大聖堂の残った壁へ。

アホみたいに人がおるなと思ったら、日本のGWは中国でも労働節(Labour Day)に絡めた連休=黄金周で
本土からの客でごった返してる訳でして。
※後でネットニュースで見ましたが、この日はマカオ観光の客数が過去最大だったそうな

一応エッグタルトも食べたし、深夜特急でお馴染みのリスボアホテル前のターミナルから大混雑のバスに
乗って、また高速フェリーで香港へ。

香港に着いたらすっかり夜、よって九龍側へ渡りシンフォニーofライツなる高層ビル群のライトアップの
イベントを観覧するのです。

夜景ついでに、香港映画でお馴染みのネイザンロードのネオン看板をルーフトップバスで潜り抜けようと
ローカル向けルーフトップバスの乗り場に移動するも、残念ながら本日の運航は終了してしまった模様。

ルーフトップバスに乗れなかったのでブーブー五月蝿いおにいちゃんを晩御飯でなだめ、二日目は終了。

黄金周は香港で ~Day1~

初日は移動だけ

最近、大学時代の友人(=香港人)がちょこちょこ大阪に来るので、時間が会えばご飯に連れて行っており
次はコチラが連れて行ってもらう立場になるべく、今年のGWは香港に向かうのです。

ここ3年は国内出張しかなく家族で海外に行ける程のマイルは貯まっておらず「飛行機は空飛ぶバス」が
持論のとーちゃんが、快適性よりコストを重視しご用達のLCCで飛行機を手配。

今年のGWに最もお安く香港に行けるのはコレだ!と言うことでHKexpressなる香港のキャリアを採用し
一家4人+ばぁばの編成にて夕方便で関空を出発です。

流石はお安い夕方便だけあり香港に着いたのは21時(日本時間22時)で、機内はどうせ寝とるじゃろうと
食べ物を持ち込んでおらず、空港着時点でホテルまでもたないほど息子くん達は腹ペコ状態。

よって、入国して1時間もしないうちに空港のレストランで本場の中華料理を体感です。

小籠包に焼饅頭やら、広東でなく上海っぽいチョイスにはなりましたが、やっぱり中華は旨いね。

クレジットカードの使えない券売機や英語も普通語も通じない運ちゃんに手間取るも、電車とタクシーで
何とかホテルにチェックイン。

5人(大人3+子供2)x3泊で約¥50,000-と、土地の高い香港でワンチャイ/コーズウェイベイの間という
そこそこの立地の割に激安だったネットで取った宿も、値段以上に立派なホテルで子供達も大喜び。

さて、明日からは街歩き開始です。

近畿Jr空手道大会'19

金的で意気消沈

先月の大会で久しぶりに白星を一つゲットしたおにいちゃん、鼻息も荒く今月も空手の大会に出場です。

たまに勝っても1大会で1勝止まりなので、そろそろ連勝してくれやせんかと期待して送り込みましたが
赤のおにいちゃんの結果は如何に。

前半は圧されながらも何とか技を出そうと頑張っておりましたが、途中のもみ合いで金的が入ったようで
後半はすっかり意気消沈し3ー0の判定負けとなり、1試合目でトーナメントから脱落。

審判の見えない所で金的が入ったならうずくまってアピールして体力回復の時間を確保するとか、試合を
上手く運ぶテクニックでもあればエエんですが、そういうのも無いようで。

「サッカーでも選手が大袈裟に倒れて時間稼ぎしとるやろ」っとアドバイスするも、そういえば我が家は
サッカー観戦なんて習慣は無かったなっと。

ウチの息子達は兄弟揃っていつもアホみたいにTVでアニメばっかり見てますが、ちょっとはスポーツの
試合でも見せるようにするかな。

スポーツ観戦は4年に1回オリンピックのモーグルを見るだけのとーちゃんが言っても説得力ないか・・・

おにいちゃんショートコース第12戦

ベストスコアも池も越えれず

何度もレッスンを受けたのにその後ベストスコアを更新出来てない事は棚に上げ、登録中のツルヤの
Jr育成メンバーとして無料で回れる神崎川の桜ショートコースでは物足りないと宣うおにいちゃん。

せっかくのGWなので、じぃじ孝行も兼ねて久々にご要望にお応えし谷越え池越えもあるダンロップの
パー3コースに親子三代で参上。

おにいちゃん的にはベストスコア43(ハーフ)を叩き出した相性の良いコースで、今度こそ記録更新を
狙いますが、結果は如何に。

HALFヤードBT[RT]パーとーちゃんおにいちゃん
019935(+2)7(+4)
026633(±0)6(+3)
03105[91]34(+1)6(+3)
045233(±0)4(+1)
1488[78]33(±0)5(+2)
15131[89]35(+2)5(+2)
167633(±0)5(+2)
17118[106]35(+2)6(+3)
1812133(±0)6(+3)
HALF計856[778]2734(+7)50(+23)

未だ越えた事の無い池に必要以上に力が入り、インパクトで両足の踵が浮いてしまってる状況が表す通り
ベストスコアどころか池すら越えることなく撃沈。

そろそろレギュラーコース(赤ティーで)に連れて行くのに、ユーティリティーを1本追加してあげようか
悩み中ですが、パー3のコースでこのパフォーマンスでは買ってあげる気運も盛り上がらんなぁー

鈴鹿でベスト4打更新

シーズン開幕戦から幸先良し

昨年末のスキーシーズン突入以降自粛しておりましたラウンドも、GWより今シーズン開幕と言うことで
毎度お馴染み出向時代のメンバーと鈴鹿の森ゴルフクラブに参上し、19シーズンの初戦に臨むのです。

昨年秋に受けているレッスンの先生が変更となり、新しい先生の教えにそろそろ体が馴染んできたハズで
この冬の練習がスコアに出てくることを期待し、いざ勝負です!

INヤードパー打数±
0153058+3(トリプルボギー)
0239047+3(トリプルボギー)
0315537+4
0438544±0(パー!)
0537745+1(ボギー)
0635945+1(ボキー)
0749257+2(ダブルボギー)
0817835+2(ダブルボギー)
0931046+2(ダブルボギー)
OUT計3,1763654+18
OUTヤードパー打数±
1050757+2(ダブルボギー)
1131247+3(トリプルボギー)
1233645+1(ボギー)
1317034+1(ボギー)
1447857+2(ダブルボキー)
1533747+3(トリプルボギー)
1617934+1(ボギー)
1739247+3(トリプルボギー)
1835047+3(トリプルボギー)
IN計3,0613655+19
合計6,23772109+37

シーズン初めにも関わらず、スイング改造の効果かショットが安定し2桁打つ事なく18ホールを周り切り
ベストを4打縮める快進撃!

ほぼ同い年のタイガーも完全復活したことだし、これは今シーズン中に100切りも狙えるのでは・・・
(タイガーは全然関係無い?)

おにいちゃんショートコース第11戦

指導の質の差か

最近はじぃじとショートコースに行けてないなぁと言うことで、ツーリング帰りに兵庫の実家にお泊りの
おにいちゃんを大阪まで送って来てもらうのに合わせ、親子3代でいつもの桜ショートコースに参上。

おにいちゃんはじぃじの前で冬季&春季レッスンの効果を見せれるのか!?

HALFヤード[L]パーとーちゃんおにいちゃん
019734(+1)4(+1)
026534(+1)7(+4)
0311734(+1)5(+2)
046834(+1)4(+1)
0510132(▲1)4(+1)
066535(+2)5(+2)
078533(±0)7(+4)
089233(±0)6(+3)
0910333(±0)5(+2)
HALF計7932732(+5)47(+20)

自己ベストには至らずも、久しぶりに50は切れたのでソコソコの出来かと。

じぃじは身振り手振りでおにいちゃんを指導しながら回ってくれるので、後続への迷惑防止で急かす且つ
スパルタ指導のとーちゃんと二人の時より、良いスコアが出る傾向にありますな。

もうすぐ令和が始まりますが、とーちゃんの昭和式教育は時代にマッチしなくなってる模様。

ダメだこりゃ

小豆島へフェリーdeツーリング

久々のバイクで船旅

去年より寒めではありますが、今年もツーリングの季節が到来。

早速いつもの会社の面々+突然ついて来ると言い出したおにいちゃんとで、小豆島周遊ツーリングに向け
姫路港からフェリーに乗船です。

船の旅は片道100分で、11時過ぎに小豆島の福田港に到着。

まずはお昼ご飯と言うことで、20分ほど走って「なかぶ庵」さんで珍しい“生“そうめんを頂きです。

小豆島は八日目の蝉の舞台の島でして、映画を見た人ならお分かりの様にそうめん作りが盛んな土地柄で
出来立ての乾燥させてないモチモチの(写真じゃ分からん?)そうめんが味わえるのです。

次は小豆島と言えば一般的にはそうめんより有名であろうオリーブを満喫すべく、道の駅にもなってる
オリーブ記念館に立ち寄り、オリーブソフトクリームの乗ったオリーブソーダフロートを購入。

ちなみに我が家のおにいちゃん的には美味しくなかったそうで、ちょっと大人の味かと。

海の景色を眺めながら南の海岸線を島の西側に抜け、小豆島一の景勝地「エンジェルロード」に到着。

ドローンも投入しばっちり記念写真を撮るも、ここは恋人達の聖地だそうで既婚のおっさん達はちょっと
映えませんがご愛敬と言うことで。

最後は山道のワインディングロードを堪能しながら寒霞渓へ。

紅葉でも桜でもない季節ですが、切り立った山の上からダム+海が一望でき好天にも恵まれエエ景色。

山を下りると直ぐに福田港に到着。

小豆島ほぼ一周し約80kmと距離は短いですが、フェリーで往復200分かけて来るからには、やっぱり
泊まりでゆっくりしていきたいなぁ。

次回は泊まりツーリングの企画を立てるかな。

佐世保でレモンステーキ

なぜかお仕事でジャパネットの高田前社長に会いに行くという出張が入り、長崎は佐世保に来たもんで
こりゃ何か名物でも食べようとトライしたのがコチラ。

レモンステーキ(ライス)@レモンドレイモンドさせぼ五番街店

高田前社長には駅前のちゃんぽんを薦めてもらいましたが、お昼にラーメンを食べちゃったので続けての
麺類は避けて、観光案内所で紹介されたこちらのお店をチョイス。

ステーキという名前から勝手に厚い1枚肉にレモンが乗ってるのを想像してましたが、薄切り or 既に
カットされたお肉をレモンを使った酸っぱ甘辛いソースで頂くスタイルのようで。

初めての味でしたが、砂糖醤油好きなので違和感なくペロリと完食。

でも、せっかく長崎に来るなら泊まりで新鮮な魚とビールが良かったかも・・・残念!