<< 前へ | ホーム

豚&鶏リピートしたら小分けに

自治体側も進化してますな

今月分のふるさと納税、何がエエかとネットを徘徊してると、今年は豚→牛ときたので次は鶏かなっと。

そこで去年も利用した都城市の豚&鶏のコンビ品を見てみると、なんと内容は一緒なのに進化が!

去年は豚が1パック500gで一度解凍したら使い切るのに苦労したのが、今年版は1パック250gに。

この細かな対応が都城市がふるさと納税額No.1になってる理由なんかな。

南極怖い

2歳児に映画は早かったか

とーちゃんが我が家に「ドラえもん無罪」ポリシーを導入後、かーちゃんが端で見てるのも嫌になるほど
毎日毎日テレビでドラえもんを観まくっているウチの兄弟ですが、当然の如く映画も連れてけと。

すっかり前売り券を買うのを忘れてたので、お得なチケット&オマケのクリスタルドラを手に入れそびれ
おにいちゃんに叱責される中、定価でチケット買って17年版ドラえもん映画「南極カチコチ大冒険」を
観に行くのです。

映画館2度目のおにいちゃんは問題無いですが、無料なのでとりあえず連れて行った2才のおとうとくんには
ちょい厳しいかと思ったものの、映画が始まるととーちゃんの膝の上に静かに座っており順調な滑り出し。

しかし途中でトイレに連れて出ると、怖いから席に戻りたくないと。

観てる時は一言も怖いなんて言ってなかったのになぁ。

急遽買い物中のかーちゃんを呼んで、10分程待っておとうとくんをバトンタッチ。

とーちゃんは¥1,800-も払ったのに、ロクに映画観れてないや。

狭山池ダムカレー

マツコ・デラックスさん絶賛

大阪のじぃじが亡くなり、お通夜/お葬式にその後のばぁばの手続きヘルプで今週は実家に通い詰めなので
ちょっとは気分転換に華やかなランチでも食べようかと、TBSマツコの知らない世界の"ダムカレー"の回で
一番最初に紹介されてた「狭山池ダムカレー」を頂くのです。

ん〜ん、味は美味しいですが、当たり前ながら普通のカレーですな。

特徴としては、平皿なので最後が食べにくいなくらいかと。

お店はなかなか流行ってましたので、ビジネス的には盛り付けを変えるというアイデアだけでこんなにも
話題になるところは見習わなあきまへんなぁ。

8年振りの八方尾根

滞在わずか1時間半

我が家の夫婦は白馬・八方尾根の宿でバイトが一緒になったのが出会いなので、スキーを始めた息子達を
原点とも言うべきその宿へ連れて行くべく、今週末は八方尾根へ向かうのです。

兵庫の実家からじぃじも来てくれ、事前に購入したインテリアバーを駆使し板3セット+荷物を積み込み
シエンタに大人子供合わせて5人を乗せ、5時間半かけて何とか9時前には到着。

宿のおじさんにご挨拶し、10時にゲレンデに送って貰う事にして部屋で準備していると大阪のばぁばから
電話があり、なんでも昨年末より入院中の大阪のじぃじの体調が芳しくないとの事。

こりゃイカンと、一緒に白馬に来てくれてる兵庫のじぃじにかーちゃんと息子達をお願いし、とーちゃんは
10時過ぎにはゲレンデではなく白馬駅に送ってもらい、電車で7時間半かけて大阪の実家へ。

かーちゃんからLINEが来て、兵庫のじぃじのお陰で無事におにいちゃんはスキー・おとうとくんは雪遊びを
満喫できた模様。

結局とーちゃん的には、8年振りの八方にも関わらず5時間半の運転と7時間半の電車移動で滞在時間が
1時間半かつノー滑走でフィニッシュの一日になりまして。

あまりの慌ただしさに宿のおじさんもビックリしたやろなぁ。

全日本Jr空手@姫路

決勝に出れる日は来るのやら

今日は空手の大会だと言うのに、肝心のおにいちゃんは朝起きたらストーブ前に三角座りし動く気配が無く
何してるのか聞いてみると「大会には行くけど、試合には出ない」と泣きながら言い張る始末。

とーちゃんが「決勝進出で焼肉、3位でもスシロー!」っと外食で釣ってみるも、頑なに出ないとの事。

見かねたじぃじばぁばが「とにかく、試合に出たら焼肉!」っと大幅に条件を甘くしたので、何とか合意し
出発予定時刻を10分程過ぎたものの会場のある姫路に出発です。

今回は2回勝てば3位、3回勝てば決勝進出のトーナメントですが、おにいちゃん[赤]の結果は如何に。

見事な左上段回し蹴りを繰り出されてるのでお分かりの通り、大いに攻め込まれ延長にもつれ込む事もなく
一回戦敗退です。

ま、試合前の態度からも、とても勝ち進める雰囲気じゃありまへんでしたが・・・

本人は見事な負けっぷりにもかかわらず焼肉に舌鼓を打ってご機嫌で、次回の勝利に向けた気概も示さず
とーちゃんの落胆っぷりが伝わってないようで。

何とか勝つ事に執念を持って練習に取り組ませる指導方法はないかと、かーちゃんと相談した結果
亀田兄弟のお父さんに学んでみてはどうかとの意見が。

なんか違う気もするなぁ。

じぃじスキー@若杉大屋

おにいちゃんも少しは上達したかな

今週末は日曜日に姫路でおにいちゃんの空手の大会があるので、金曜日の内に兵庫の実家へ移動しておき
土曜日はスキーにでも行こうかと。

それを聞いたじぃじが、予定を調整して一緒に来てくれることに。

と言う訳で、本日はじぃじも参加で今シーズン2回目の若杉大屋でおにいちゃんのスキーの練習です。

いつもはとーちゃんがスノボなので、お手本を見せれず雰囲気と口での説明で教えていたスキーですが
今回は還暦を過ぎたとは言えSAJ1級を持つじぃじ先生が、ちゃんとスキーでお手本を見せながらの
レッスンなので、おにいちゃんもいつもより気合十分でスキーに取組みます。

じぃじレッスンが功を奏したのか、前回はターンが出来ず泣きながら転げ落ちてきた斜面も、3月の緩い
雪にも助けられ滑って降りてこれるようになりまして。

やっぱりスノボよりスキーで滑って教える方が効果があるなと、とーちゃんも反省しきり。

こりゃ子供の為にもとーちゃんも18年前にSAJ1級取ってから滑ってないスキーに復帰すべく、最新の
スキーセットを揃えないとイカンのじゃなかろうかと。

しかし、18年振りでは体の衰えとスキーの進歩のギャップで全く滑れんかもしれまへんな。

おにいちゃん、やっとランドセル

じぃじばぁばが届けに来てくれました

この春から小学校へ上がるおにいちゃん、とっくの昔に兵庫のじぃじばぁばからはランドセルを買う用に
お祝いを貰ってましたが、品定めやら割引タイミングやらで購入に踏み切れずの状態が続いてたところ
ついに痺れを切らしたじぃじばぁばが、自らランドセルを買って持ってきてくれました。

3月生れにしては体の大きいおにいちゃん、サイズは問題無さげですがそもそも4月から小学校が始まるのに
3月になって初めてMYランドセルを背負うというギリギリさ。

世間では前の年の夏休みが売れ時って言ってた気が・・・

大損害!奥伊吹スキー場

初めてのスキー場なのに、印象が・・・

今年は雪遊びウェアを買ったおとうとくん、早速減価償却開始じゃいっと今週末は滋賀の奥伊吹スキー場に
家族揃ってお出かけです。

おにいちゃんのソリデビューは3才でしたが、おとうとくんはちょっと早く2才で初ソリに挑戦です。

ちょっとデビューが早すぎたのか、かーちゃんが一緒に乗ってるから操作してる感がなく退屈だったのか
理由は分かりませんが、ソリはあまり興味をそそらなかったようでサッサとエアトランポリンへ。

おにいちゃんも影響され、雪遊びに来たはずなのに兄弟そろって雪に関係なくトランポリンに夢中です。

この後おにいちゃんは当初の予定通りスキーに切替えますが、リフト3本乗ったら直ぐお昼ごはんの時間に。

お子様ランチを食べご機嫌のおにいちゃん、午後もスキーだとリフトに向かうも改札でリフト券が認識せず
おかしいなぁっとおにいちゃんの左腕を見ると、リフト券ホルダーが無い!

見事にお昼休憩時にどっかでリフト券を落としたようで。

邪魔になってたので係の人が改札を通してくれその場はリフトには乗れたものの、結局この日のスキーは
合計4本リフトに乗っただけで終了。

残りの時間は、スキー場終了まで兄弟で雪遊びです。

子供達はスキーでも雪遊びでもどっちでも楽しかった様でエエですが、リフト券を買ったとーちゃん的には
リフト4本では大損です。

ま、到着が遅かったので買ったのが一日券ではなく午後券だったのがせめてもの救いですが。

奥伊吹は初めて行ったスキー場ですが、これじゃ良いも悪いも判断不能ですな。

大万吉豚、到着

どの部位から頂こうかいな

2017年、最初のふるさと納税の返礼品が到着です。

切落しだけでなく、ロースにバラにヒレにカルビとバラエティー豊かな部位に期待が高まります。

日韓関係が冷え込む中で恐縮ですが、早速バラでサムギョプサルにでもするかな。

おにいちゃん最後の生活発表会

もうちょっと元気が欲しかったかな

早いもので我が家のおにいちゃんも春からは小学校なので、最後になる幼稚園行事が色々ありまして。

本日も最後の生活発表会ってことで、幼稚園生活の集大成のお手並み拝見です。

一つ目の出し物は、「11ぴきのねこ ふくろのなか」なる寸劇。

セリフは大体入ってたようで声もそこそこ大きく、周りのメンバーに動きを促す積極性も垣間見れたので
まぁよく頑張りましたと。

ここまでは良かったのですが、続いての音楽系の出し物がイマイチ。

合奏のピアニカは端から見てても音と手の動きが合ってないし、歌は口が動いてないパートが多々あるしで
6年間もピアノを習ってたのに今や音符も読めなきゃネコ踏んじゃった以外は弾けないとーちゃんそっくりの
音楽的才能では無かろうかと心配になる有様。

こりゃ、小学校に上がったら著作権料払ってでもヤマハのピアノ教室に放り込むのも考えなあきまへんな。