<< 前へ | ホーム

おとうとくん、超ビッグDrイエロー

未だプラレールで遊んでたかいな

そろそろ5歳の誕生日を迎えるおとうとくん、いつもお下がりのオモチャで遊ぶことが多い立場なので
誕生日は出来るだけ希望の品を手配しようと心掛けてますが、今年リクエストされたのはこちら。

プラレール 基地に変形!! 超ビッグドクターイエローセット ¥5,317-@Amazon

最近はさっぱりプラレールで遊んでるところを見かけませんが、なぜか特大のコレが欲しいそうな。

何が欲しいかは本人次第なのでとーちゃんがとケチをつける気はありませんが、これからプラレール熱が
再燃するんかいな?

'19全日本Jr空手道選手権@姫路

初級でも連勝ならず

ながらく空手の試合でいいところの無いおにいちゃん、戦績はさほど気にしないのか練習にはご機嫌で
通っており、なにやら必殺の突きを習得したと吹聴している今日この頃。

そこまで言うなら結果で示してもらおうと、今年も姫路まで試合に出掛けるのです。

2年生ともなると参加者が多いのか①中上級の部②初級軽量の部③初級重量の部の3クラスに分かれる
盛況ぶりで、おにいちゃんは戦績と体格から初級重量の部でエントリー。

もう空手を習って3年、そろそろ初級は卒業したいところですが肝心の試合結果は如何に。

初戦は相手が欠場で不戦勝となり体力温存し次の試合に臨んだおにいちゃん(白)、噂の突きは鳴りを潜め
互いに決め手を欠く試合展開ながら何度か放った上段回し蹴りの印象が良かったのか、白x2:赤x1で
ギリギリの判定勝ちを呼び込み、1年9ヶ月振りに白星をゲット。

調子に乗ってトーナメントを勝ち上がらんかと期待するも、3試合目はこれまたグダグダの試合を展開し
今度は逆に赤(おにいちゃん)x1:白x2の判定負けでベスト4には進めず。

ただ久しぶりの勝利にご機嫌の本人は「次の試合はいつだ!」とやる気マンマンですが、せめて初級では
トロフィー持って帰ってくるくらいにはならんかなぁ。

来シーズンのスキーセット発注

早過ぎながらサンタ発動

余りの雪の少なさに昨年より約1ヶ月も早くスキーシーズンを終え、そろそろ身長が130cmに届きそうな
おにいちゃんの来シーズンのスキーセットをどうしようかネットで目処付けを開始。

今シーズンが始まる前に検討した時は、性能/サイズ/価格が揃った品には巡り会わなかったので、今回は
納得の品なら来シーズンを待たず即購入も視野に入れて探し回った結果、こちらをポチっと。

ELAN PINBALL TEAM QUICK SHIFT Jrスキー板(ビンディング付) ブラック×ブルー 17-18モデル
¥11,422-(実質)@アルペン楽天店

◇ジュニア技術選対応モデル・小回り系で抜群の操作性
■芯材:ウッド/構造:サンドイッチ
■滑走材:UHMW-PEグラファイト/チッププロテクター:プラスチック
■タイプ:デモ/レベル:中上級
■専用ビンディング:チロリアSX10+Race Plate Junior 11.5/解放値:3-10
■サイズ:130cm/生産国:日本 オーストリア

GEN Jrスキーブーツ ROOKIE 17-18モデル ブラック×ピンク ¥6,344-(実質)@楽天

■フレックス:50/ラスト:96mm
■レベル:エントリー/規格:チルドレン
■インナ-:LIGHT INNER-WIDE
日本人の足型をベースに軽さ/ソフトなフィット感を実現したコンフォートタイプインナー
保温性の高いEVAパットやライニング生地を使用することにより暖かさアップ

来シーズンはJr1級が目標と言うことで、スキーは中上級・ブーツは3バックルをチョイス。

3年前に買った板:116cm/ブーツ:リアエントリー=¥16,427-に対し、+¥1,339-でこれだけ揃えば
コスパ的には合格じゃなかろうかと。

ま、届いてもおにいちゃんの手に渡るのは年末にサンタさんからとなる為9ヶ月以上も我が家の屋根裏に
寝かしておくことにはなりますが。

後は同じく来シーズンは着れなくなるウェアをどうすっかだなぁ・・・

おにいちゃん、スノボデビュー

思ったより滑れるもんですな

前回ウイングヒルズに来た時に見事SAJジュニア2級をゲットしたおにいちゃん、スキーは一つの節目を
クリアしたと言うことで、今回はご希望通りレンタルながらスノボに挑戦してもらいます。

初めてと言う事で、AMはリフトもベルトもない練習ゲレンデでとーちゃんの手ほどきを受けるのです。

小1時間ほどヒールサイドとトウサイドの横滑りを教え、さすがにトウサイドは要領を得なかったものの
今回で既にリフト二回目となるスキーのおとうとくんとペースを合わせる為、PMからはおにいちゃんも
リフトに乗せられ初級者コースへ。

最初はコケまくって手袋もズボンもびしょ濡れになり、挙げ句の果ては泣きながら「休憩するぅ~」っと
情けない声を出してましたが、C級インストラクターのとーちゃんによるかーちゃんがドン引きする程の
スパルタ指導が効を奏したのか、へろへろっとですがターンが出来るように。

最後は面白い面白いとドンドン滑って行き、それなりにスノボが気に入った様子。

平昌オリンピックのレデツカ選手の活躍に刺激され、これを機に二刀流で頑張ってくれるかと期待が頭を
過ぎるも、来シーズンはサイズの関係でスキーセットを買い替えないといけないタイミング。

1シーズンでスキー/スノボ両方を一式で買い与える余力はないし、二刀流はもう少し様子見と言う事で。

とほほ

バイクでイチゴのパフェ

エライ人気店でした

暖冬の煽りを受け、ゴルフの打ちっぱなしに行ったら3月初めなのに汗ばむ陽気で体はポカポカになり
こりゃバイクで出掛けるにはちょうどエエ天気だなっと。

前回は寒波で心が折れて行けなかった三田の吹上の森なるカフェでも行こうかと、暇そうにしている
おにいちゃんをバイクの後ろに乗っけて、いざ出発。

ゴルフ場の駐車場の奥にあったので危うく見落す所でしたが、何とかラストオーダーちょい前に滑り込み
4組待ちではあったものの、無事に席についてイチゴのパフェを注文。

夕食前な事もあり二人で1つのパフェしか頼まなかったので、奮発して白いイチゴのトッピングを追加。

ご機嫌のおにいちゃんは調子に乗ってホットりんごまで注文しエライ出費にはなりましたが、お味の方は
なんせメインのイチゴが美味しくて大満足。

確かにエエ感じのカフェなんですが、びっくりするほど辺鄙な場所にあるのに閉店1時間前で待ちが4組も
発生しているほど人気とは、皆さん情報収集&行動能力が高いですな。

せっかく来たお洒落カフェで、ヘルメットの跡が付いた髪型のおっさんとヨレヨレの服を着た子供が
1つのパフェを奪いあってて、雰囲気壊してしまってたらスンマセン。

潜入!N○Kまんぷくロケ

まんぷくスターを間近に見れて大満腹

仕事で車両貸出とかのお付き合いがあり、某国営放送さんより我が社の車が走るシーンを撮影するロケの
ご案内を頂いたので、日常業務の合間をぬってロケ現場を視察です。

なんでも最終回の撮影だそうで主要キャスト勢揃いのロケだったので、まんぷく食品の皆さんを目の前で
拝見することができ、こりゃラッキー。

ウチの車の走行シーンは、社内選考で選ばれた社員が実際に運転してドラマに出れる特権がありましたが
とーちゃんは残念ながら選ばれず。

にも関わらず、家ではいかにも出るかの様に話してたので家族からは「世界の渡部並に一切出てない」と
バカにされる有様。

まんぷく俳優を気取ったらアンジャッシュ扱いを受けました。

ダメだこりゃ

おにいちゃん、スキーJr2級合格

2級で卒業はまだ早い

良くスキーに連れて行ってもらうもののダラダラ滑ってても張り合いがなかろうと、とーちゃんに勝手に
今シーズンはJrの2級合格を目標に掲げられたおにいちゃん。

まずはSAJのJrスキー検定とはどんなものかを体験すべく、いつものウイングヒルズに一家で滑りに
行ったついでに、レッスン&講習内検定を受けてみることに。

とーちゃんも詳しくは知りませんでしたが○級受験と言うテストがある訳でなく、先生が見て適した級を
授けてくれるシステムだそうで、まぁ3級でも貰えればと思い送り出しましたが結果は如何に。

本人ご満悦の表情が示す通り、無事にJr2級を頂戴致しました。

隣で初めてリフトに乗ってご機嫌のおとうとくんがアホ面になってるのはご愛敬として、これを励みに
おにいちゃんは俄然スキーのやる気が出たかと思えば「次はスノボがやりがたい」だそうで。

去年とーちゃんが20年ぶりに新調したスキー道具の減価償却が全然済んでないんですけど・・・

おにいちゃん、香港&インド人と夕食

いまだ英語に興味持たんなぁ

カナダの大学時代の友人が仕事&お見合い活動で香港から来阪しており、一緒にメシでも食べようかと。

今回は同僚のインド人も連れて来るとの事なので、こりゃフルで英語の会話になるしエエ勉強になるかと
いつも通りおにいちゃんを引き連れ、心斎橋のテンダラー浜本さんの焼鳥屋へ出掛けるのです。

件のインド人さんは日本が初めてとの事で興味津々で会話が弾むも、おにいちゃんは得意の人見知りを
発揮し、特にインドや香港について質問してみるでもなく単に焼鳥食べるだけで夕食終了。

その後はインド人さんのリクエストで心斎橋筋を下って道頓堀へ。

えらく気に入ってくれた様で写真を取りまくってましたが、二人とはココでお別れ。

今年のGWは香港に遊びに行くことにしてるのに、香港在住の中国人&インド人と一緒にご飯を食べても
特に質問することも英語に興味を持った様子もないおにいちゃん。

インターナショナル感に触発され興味の幅が広がる事ことを期待したとーちゃんの想いは届かず、ただ単に
外食に付いて行きたかっただけの模様。

とほほ

じぃじと孫2人でスキー@千種

おとうとくんは未だベルト

年末のじぃじとの北海道スキー旅行はインフルエンザで置いて行かれたおとうとくん、その後2回ほど
スキーにトライしており、今度こそ滑りを見てもらおうとじぃじをお誘いし千種高原に参上です。

おにいちゃんはスキー2回目からリフトに乗ってましたが、残念ながらおとうとくんは本人の希望により
3回目ながらリフトではなくムービングベルトでのお披露目となりましたが、肝心の滑りはいかに。

ゲートにぶつかりかけながらも、トンネルを見事に滑り抜けることに成功。

さすがに3回目ともなるとキッズゲレンデではこけることはなく、ご機嫌でじぃじに滑りを見てもらうも
飽きっぽいのか隣のエアトランポリン&滑り台とゲレンデを行ったり来たり。

おにいちゃんの滑りにずっと付いていくのはしんどくなってきたじぃじには、ペース調整にちょうど良く
とうちゃんと交代でおにいちゃんとリフト&おとうとくんとベルトに付き合い、17時まで滑ることに。

さて、おとうとくんのリフトデビューはいつになることやら。

バイクでリンゴパフェ

寒いので近所の箕面で

マシンの調子を保つため冬と言えど月に一回はバイクで出かけるべく、今月のお出かけ先を思案。

美味しそうなパフェを出すカフェを三田で見つけたものの、北海道で-30°を下回る最強レベルの寒波が
日本列島を襲う中、この寒空の下でそこまで行くのは辛いなぁっと。

対象エリアを近所に絞り込み、何とか良さげな甘いものを見つけだしたのでバイクで出動です。

箕面のリスカフェの『リスの誘惑』なるパフェ、この見た目は映えますな。

出掛ける前にかーちゃんから「こんなトコでおっさん一人でパフェ食べてたら気持ち悪るがられるで」と
忠告を受けてましたが、ご名答。

お客さんは女子or女子+お連れの男性のみで、バイク乗りの格好をしてヘルメットの跡ばっちりの髪型の
おっさんは当たり前ながら一人だけで、気恥ずかしさでパフェを味わうのもソコソコにさっさと退散。

こりゃ、甘い物を食べたがる息子を連れてきた家族思いのお父さんの設定にする為、おにいちゃん辺りを
連れて来るしかないな。